子育て情報『スリーパーを買ってよかった!寝相の悪い子を持つママにオススメ』

2019年12月27日 21:04

スリーパーを買ってよかった!寝相の悪い子を持つママにオススメ

どんなに寒くても、寝相の悪い子は布団を蹴散らしますよね。夜中にふと目がさめると、子どもがちゃんと布団をかぶっているか確認しないと落ち着かないというママも多いのではないでしょうか。我が家にはその心配はいりません。それは、スリーパーがあるからです。

■ 子どもと室内環境に合ったスリーパーを選ぼう!
こども

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

スリーパーを使い始めたのは、子どもが0歳の時です。先輩ママから「寒くなってきたら、スリーパーを使うといいよ。夜がぐっと楽になるから」。「楽になる」というのは、もちろん「親が」です。

さっそく近所のベビー用品店に探しに行ってみたのですが、売られていたのは可愛くて発色は良いものの、フリースのスリーパーばかりでした。

我が子はひどいアトピーだったので、なるべく自然素材が欲しかったのです。あきらめて帰宅し、ネットで調べてみるとフリース素材以外にもオーガニックコットンや羽毛の入ったもの、丈が短いものから長いものまで様々な種類があることがわかりました。

私は元来ケチなので冬は寝室に暖房をいれません。だけど子どもは喘息持ちなので発作に直結する風邪はひかせたくない。そうした事情をふまえつつ長く使えて、暖かいもの、手入れがしやすいものを探しました。購入したのは「西川リビング」のダウンスリーパーです。

スリーパーを買ってよかった!寝相の悪い子を持つママにオススメ


値段は1万円弱。110センチに成長した子どもに着せてみるとこんな感じです。もちろん当時は足まですっぽり覆われていました。ファスナーがついたお布団というイメージです。上からも下からも開閉できるので、暑すぎる時や足をバタバタさせている時はとても便利でした。まだ十分着られるので、寒くなってきたけれども真冬とまではいえない季節(11月や3月)に着せています。

でも、購入したての0歳児の頃はまだ暑かったようで、眠りに落ちて30分ほどで汗びっしょりになってしまいました。これではかえって赤ちゃんが風邪をひいてしまう……。でも夜は結構冷えてきたし、どうしよう。

■ 3種類のスリーパーを使い分け

そこで綿素材のスリーパーをもう1つ用意しました。ダウンのスリーパーが結構な出費だったので、2枚目は手作りです。1000円前後で作りました。

スリーパーを買ってよかった!寝相の悪い子を持つママにオススメ


西川のダウンスリーパーを参考にして型紙におこし、表はダブルガーゼ、裏は吸水性の優れたパイル地を選びました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.