くらし情報『外に閉じ中に開く緑の家緑道の緑と一体化したRC造の立体庭園』

2019年5月29日 00:00

外に閉じ中に開く緑の家緑道の緑と一体化したRC造の立体庭園

目次

・時間とともに植物と建物が一体となる
・こだわり抜いたキッチンの設計
・コンクリートの打設に立ち会い、頑丈な家に
外に閉じ中に開く緑の家緑道の緑と一体化したRC造の立体庭園


時間とともに植物と建物が一体となる

世田谷区内の緑道と車道が交わる角地に建つ、構造設計士の多田脩二さん、由喜さんの住まい。建物から溢れるような植栽が緑道の緑と一体になり、この一角が大きく豊かな緑の空間になっている。

建物の各層から緑がこぼれる立体庭園というコンセプトの住まいは、外から中の様子は伺えないが、一歩建物の中に入ると、外とつながる広々とした空間が広がる。

設計は建築家の新関謙一郎さん。
実は多田邸は、脩二さんよりも由喜さんが積極的に住まい造りにかかわったのだそう。
「夫の仕事が忙しく、週末の家族サービスといえば夫が構造設計に関わった物件のオープンハウスに行くことでした。中でも、新関さんの設計した建物は、中に入ると外観からは予想できない広がりがあって、その空気感やデザイン性が素晴らしく、いつかは新関さんの設計した建物に住みたいと思うようになりました」

美しい緑は、作庭家の長濱香代子さんが手がけた。竣工から5年目の今年、土を替えるなどの植栽の手入れを行ったそう。
「長濱さんは、埼玉の農家の方と一緒に土作りからしっかり行っているので、手をかけなくても植物が生き生きと育ちます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.