くらし情報『暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス』

2019年4月1日 00:00

暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス

目次

・白い箱をデコレーション
・動線を考えて快適に
・家の中に景色をつくる
・キッチンを中心に家族が集う
暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス


白い箱をデコレーション

生まれ育った都心にある家を、3年程前に建て替えたWAKOさん。
「どうしたら楽しく過ごせるかということをいちばんに考えて、希望を設計士さんに伝えました」。
こだわったのは生活動線を考えた間取りと、床のタイルに壁の素材。細かなところは余白を残し、瀟洒な白い箱が完成した。
「初めはキッチンやバスルームなど、必要なもの以外何もない空間でした。暮らしながら2年くらいかけて完成してきた感じです」。
必要な棚やディスプレイスペースなどは、実際に住んでみながら、欲しいものを設置してひとつずつクリア。シアトル、中国、ボリビアなど、世界各地に暮らした経験が育んだ感性が白い箱を彩っていった。

暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス

大きな開口を開け放てば、リビングとテラスが一体に。南側から明るい日差しが室内まで入り込む。リビングの床には適度なムラと質感のあるタイルをセレクトした。
暮らしの達人のライフスタイル旅するように暮らしたい至福のプチプロヴァンス

大きなバスケットを愛用するWAKOさん。食材をたっぷり入れ、カゴごとキッチンに移動して調理に取りかかる。

動線を考えて快適に

「快適な暮らしを考えたとき、私の場合まず自分の生活まわりを完結させたいと思いました。そこで1階に自分のベッドルームとバスルーム、2階に子供たちの部屋とバスルームをそれぞれ設けました」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.