くらし情報『小さなお店のある家家も暮らしの器自分に心地いい暮らし』

2020年2月10日 00:00

小さなお店のある家家も暮らしの器自分に心地いい暮らし

デレク・ジャーマンに憧れて

東京の立川市で手仕事品を扱う店「H.works」を営む園部由貴さん。以前は駅近くのビルの一室で12年ほど店をしていたが、家を建てるのを機に、職住一体の暮らしに。駅からは遠くなったが、大きな通りから少し入り、畑などに囲まれた緑のある敷地に小さな家を建てゆったりとお客様を迎えている。「デレク・ジャーマンの家と庭がすごく大好きで、あんな家がいいなあというイメージがありました」。そう話す園部さん。デレク・ジャーマンとは、原子力発電所の近くの何も無いだだっぴろい土地に小屋を建て、庭造りをしながら暮らしていたイギリス人の映像作家だ。確かに、畑や大きな木が植わっている広い敷地にさりげなく建つ小さな家は、デレク・ジャーマンの家と通じるものがある。

目次

・デレク・ジャーマンに憧れて
・限られた面積で使い勝手よく
・食事の器、暮らしの器


小さなお店のある家家も暮らしの器自分に心地いい暮らし

正面から見た1階の店部分。右奥がダイニングスペース。正面棚の裏がキッチンスペースに。店、ダイニング、キッチンを回遊できる動線となっている。
小さなお店のある家家も暮らしの器自分に心地いい暮らし

吹き抜けからの見下ろし。
小さなお店のある家家も暮らしの器自分に心地いい暮らし

奥のダイニングスペースは店ともキッチンともつながっている。扉をしめればプライベート空間に。

限られた面積で使い勝手よく

1階が店で、外から中が見えやすい木枠のガラスドアを開けて中に入る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.