くらし情報『動線が各部屋をループ状につなぐ5人家族がいい距離感で暮らせる家』

2020年2月24日 00:00

動線が各部屋をループ状につなぐ5人家族がいい距離感で暮らせる家

5人家族のための家

「前はこの近所のマンションに住んでいたんですが、夫婦と子ども3人の5人家族だと分譲型マンションのつくりでは間取り的に住みづらい印象がものすごくあって」と話すのは田中さん。「でも戸建てであれば、狭い土地でも5人家族が住みやすい家ができるはず」と考えたという。

設計は友人のつてで吉田州一郎・あい夫妻が主宰するアキチアーキテクツに依頼。彼らの自邸兼事務所のYY house・office・kitchenを訪れた時に「狭い敷地ながら空間を縦方向にうまく使っていて快適な感じ」を受けたという。妻のマミさんも「たまたまですが敷地がほぼ同じ規模でこんなに広く住めるのかと思った」とその時の印象を話す。

目次

・5人家族のための家
・個室をたくさんつくる
・ループ状につなげる




動線が各部屋をループ状につなぐ5人家族がいい距離感で暮らせる家

ダイニングは家族の集まる場所。衣食住をそれぞれ別々の空間にするようにリクエスト。ここはもちろん食べる場所。衣(服類)は1階の主寝室の前のスペースにまとめた。

個室をたくさんつくる

「マンションのときは5人の行動範囲が一緒で窮屈に感じていた」とマミさん。田中さんは「そうした中で個別の部屋をたくさんつくりたいという思いが出てきました」と話す。

吉田あいさんは「今は、空間を開いたつくりにするのが主流ですが、家族それぞれの性格も違うわけだし、そういう流れに反してやはり個室や自分の居場所がほしいというのもわかる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.