くらし情報『年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?』

2022年1月17日 00:00

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?

家のあたたかな思い出とともに、4代目へとバトンタッチ。

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?


第4位
庭と縁側と照明
現代になじむ
日本家屋の静謐

庭と縁側に惚れ込んで築36年の日本家屋を購入したのは2年半前。クリエイター夫妻が娘とともに暮らす家はグリーンと木の質感に心和まされる。

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?


第3位
築浅戸建てのリノベーション
自然豊かな鎌倉で
自分らしい暮らしを

『toolbox』で営業企画を担当する小尾絵里奈さんは、川崎市の宮前平の集合住宅をリノベーションしてわずか1年後、自然豊かな鎌倉の築浅物件をリノベーションし転居した。

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?


第2位
築54年の家をリノベーション
ミッドセンチュリーの家具が
似合う同世代の日本家屋

古民家の佇まいに、フランスを中心としたミッドセンチュリーのモダンな家具。建築家の宮田一彦さんが、自宅兼アトリエとしてリノベーションした。

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?


第1位
鎌倉の平屋をリノベ
築60年の味わいを
楽しみながら暮らす

「すべてが見渡せるのが平屋の魅力」と語る濱さんの住まいは、なんとここが3軒目の平屋だそう。緑豊かな敷地に建つ築60年の家をリノベした。

年間ランキング 最も読者の心を掴んだ リノベーションのスタイルとは?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.