くらし情報『【失業!貯金も減っている…】そんな時に知っておきたい「お金のコト」』

2017年8月13日 19:15

【失業!貯金も減っている…】そんな時に知っておきたい「お金のコト」

「わ、会社が倒産!」「転職失敗、まさかの退職!」など、働いていれば失業の憂き目に会う可能性もあるでしょう。「1人暮らしだし、貯金もあまりない!」と悲観する前に、どんな方法があるか確認し、少しでも事態を緩和させましょう。

文・拝野洋子

まずは住所地のハローワークで給付金を

目次

・まずは住所地のハローワークで給付金を
・「保険証がない!」そんなことがないように
・住民税が家計に重くのしかかる……!
・年金保険料はどうにかならないの?
・手続きはお住いの市区町村役場へ
【失業!貯金も減っている…】そんな時に知っておきたい「お金のコト」


退職したら、離職票を持って住所地のハローワークへ行きましょう。

雇用保険に1年以上加入していれば、自己都合退職でも、失業等給付が給与の6割ほどの額が3か月支給されます。

会社都合の場合は、雇用保険6か月の加入でも失業等給付が支給されます。失業等給付の支給期間は退職後1年間だけなので、早めにハローワークへ行き手続きを!

「保険証がない!」そんなことがないように

【失業!貯金も減っている…】そんな時に知っておきたい「お金のコト」


退職前に職場と、退職後もそのまま健康保険を続けるか(保険料は今までの2倍)、国民健康保険に変更するか、決めておきましょう。

国保は、“保険料が高い”イメージですが、最近は個人事情による「国保保険料の減免(保険料を負けてくれる)」を行っている自治体も多いので、現在の給料額で失業したらいくら保険料を払うのか、市区町村役場で確認しておきましょう。

住民税が家計に重くのしかかる……!

【失業!貯金も減っている…】そんな時に知っておきたい「お金のコト」


収入がなくなっても、避けられない支出が税金や社会保険料。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.