くらし情報『『マクガイバー』宮野真守が驚愕した「土田大の“イケボ”活用法」とは』

2018年8月7日 19:30

『マクガイバー』宮野真守が驚愕した「土田大の“イケボ”活用法」とは

主従関係みたいなものがあったんです。

宮野 しかも今回はアニメではなくドラマ。いろいろと違いはありますが、土田さんと再び共演が決まって嬉しかったです。

土田 やっぱり、縁があるのかな。こうして、シーズン2もできたし。

ーーおふたりが初めて出会ったときのことを覚えていますか?

宮野 初めて土田さんとお会いしたとき、僕は19歳でした。『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』の共演者の方々から誕生日に東京ディズニーランドのチケットをいただいて喜んだことを覚えています。

土田 当時、何をあげたら良いかわからなくて。「欲しいものは?」と聞いたら、「ありません」と答えたんだよね? そのことが印象に残っています(笑)。

宮野 言いました……(笑)。当時は趣味がなくて、あまり物欲もなかったんです。

ーー「誕生日のプレゼントは必要ないですよ」と諸先輩方に気を遣ったのではなく……(笑)。

宮野 遠慮したのではなくて(笑)。土田 遠慮するタイプじゃないですよ(笑)。
『マクガイバー』宮野真守が驚愕した「土田大の“イケボ”活用法」とは


ーー『MACGYVER/マクガイバー』のバディものとしての魅力は?

宮野 マクガイバーは頭脳派、ジャックは肉体派。年齢差もあって、全くタイプの違うふたりなんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.