くらし情報『本当にあった怖い話…「河原で拾った石」が引き起こす不吉な出来事』

本当にあった怖い話…「河原で拾った石」が引き起こす不吉な出来事

2018年9月23日 21:45
 

夏休みのレジャーなどで川に行くと、綺麗な石を見つけることがあるかと思います。しかし、いくら気にいったからといって、その石を持ち帰ってはいけません。あなたの身に恐ろしい災いが降りかかるかもしれないのですから……。今回は、占い師の脇田尚揮さんに、「河原で拾った石を持ち帰った人があった不吉な出来事」をご紹介いただきます。
文・脇田尚

■夏に河原で綺麗な石を拾ったKさん

目次

・夏に河原で綺麗な石を拾ったKさん
・石を持ち帰って玄関に飾ってから…
・身体の右側にケガや不調が…
・神社の神主から激怒され…
本当にあった怖い話…「河原で拾った石」が引き起こす不吉な出来事


これは、昨年2017年の夏に起きた実話です。大学生のKさんは、友達と河原でBBQをした後、川遊びをしていたそうです。脚まで水に浸かって涼んでいると、足元に何だか綺麗な石があったそうです。丸くて雰囲気があるその石は、Kさんからすると不思議と心惹かれるものがあったそうです。そこで、その石を手に取り眺めてみると、ちょうどいい重さで、触り心地も良かったそうです。

■石を持ち帰って玄関に飾ってから…

本当にあった怖い話…「河原で拾った石」が引き起こす不吉な出来事


Kさんはその石が気に入り、そのまま家に持ち帰ったそうです。軽く洗って干した後に、玄関に観葉植物と一緒に飾っていたのだとか。

「今思えば、これが不幸の始まりだった……」とKさんは語ってくれました。それから彼女には様々な不幸が降りかかるように……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.