くらし情報『アイドルは昭和に負けてない! 古市憲寿&高山一実が平成を振り返る』

2019年1月17日 19:00

アイドルは昭和に負けてない! 古市憲寿&高山一実が平成を振り返る

平成カルチャーにどっぷり浸かった古市憲寿さんと乃木坂46高山一実さん。青春期に夢中になったものを振り返りながら、去りゆく平成を、愛をもって語ります。
アイドルは昭和に負けてない! 古市憲寿&高山一実が平成を振り返る

平成って、昭和のツケをずっと払い続けてきた時代なんですよ。
社会学者でテレビのコメンテーターとしても活躍中の古市憲寿さんと、国民的アイドルグループ・乃木坂46の人気メンバー、高山一実さん。平成最後の冬、ふたりが小説家デビューを果たした。“死と恋愛”をテーマにした古市さんの『平成くん、さようなら』はなんと、デビュー作にして芥川賞にノミネート(発表は1月16日)。“アイドル”を題材にした高山さんの『トラペジウム』は初版即完売、発売から1週間で8万部超まで増刷が大決定!文芸シーンでもまたたく間に注目の的となったふたりが、「平成カルチャー」を振り返り、未来について語り合った。

古市:僕は昭和60年生まれで、物心ついた頃がちょうど平成元年。高山さんは平成6年生まれだから…平成8年の「たまごっちブーム」は経験していないですよね。とにかく本物が入手困難で、偽物ばかりを集めてしまった記憶があるけど(笑)。

高山:私が子供の頃も、手に入れづらかった記憶があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.