くらし情報『失恋した友に“なぐさめの言葉”は逆効果!? シーン別文例集』

2019年2月11日 18:00

失恋した友に“なぐさめの言葉”は逆効果!? シーン別文例集

仕事の連絡はメールが中心、友達との会話も電話ではなくLINEで。SNSブログでの発信も全盛期、気持ちや感情も文字で表現するのが当たり前になった昨今。ともすれば絵文字やスタンプ、(笑)に頼りがちだけれど、自分らしい言葉で文章を綴るには? ちょっとした気持ちを伝える、シーン別文例集をご紹介。
教えてくれたのは、博報堂クリエイティブプロデューサーのひきたよしあきさん。
お礼を伝える
「ありがとう」よりも、楽しんでいる様子を淡々と。
失恋した友に“なぐさめの言葉”は逆効果!? シーン別文例集


例えば、季節の果物を送ってくれた知り合いへのお礼。

「『ありがとう』でもいいのですが、それよりも、『一度に3つも食べた』『こうやって食べたらおいしかった』など、存分に楽しんでいる様子をさりげなく書くほうが、相手の心には響くものです」

また、お礼には、「期待していなかったけれど良かった」という、「下げて上げる」方法も効果的。

「例えば旅行の手配を引き受けてくれた友達に後日メールするなら、『朝7時集合は正直早いと思ったけれど、行ってみたら楽しい企画がぎっしりで、これは7時集合だわ、と納得だった』などと送る。『楽しかった。大変だったでしょ、ありがとう』よりも、さらに心がこもったお礼になりますよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.