くらし情報『kemio、「女子菌」とからかわれ“真顔”で対処! ピンチ克服法とは』

2019年6月1日 18:00

kemio、「女子菌」とからかわれ“真顔”で対処! ピンチ克服法とは

彼の発した「あげみざわ」「ないたー」が流行語になり、初の著書『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』も大ヒットするなど、インフルエンサーとして活躍中のkemioさん。インタビューでは、SNSやYouTubeで見せる明るさはそのままに、本質を突く芯の通った至言が次々と出てきました。
kemio、「女子菌」とからかわれ“真顔”で対処! ピンチ克服法とは


――動画で見せるユニークな一面とは違い、写真だと193cmの長身が映えますね。

kemio:うれし~。ありがとうございます。でも今って多様性の時代じゃないですか。だから身長がそんなに高くないモデルさんもたくさんいるし、むしろ背が高いのはイヤなくらいだったんですよ。顔もイモだなって自分では思ってます。

――人前に出たいと思うようになったのはいつ頃からですか?

kemio:たぶん物心ついた時には思ってましたね。僕は祖父母に育てられたんですけど、共働きだったので兄と2人で留守番している時にディズニー・チャンネルとかカートゥーン ネットワークのテレビ番組をよく見ていて。アニメも実写も関係なく、『パワーパフガールズ』みたいな目がチカチカする存在に憧れてました。好きなものは女の子向けのものばかりで、バービー人形とか『おジャ魔女どれみ』とか、カラフルなものばっか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.