くらし情報『いまどきマナーでやってる? スマートな“名刺交換”テク』

2019年6月23日 20:00

いまどきマナーでやってる? スマートな“名刺交換”テク

ビジネスシーンで間違った行動をすれば、あなた自身にとどまらず、会社の評判にも悪影響必至!そんな事態を防ぐために、打ち合わせでの席次、名刺交換など必ず覚えておくべきマナー&作法をピックアップ。マナーの専門家・尾形圭子さんが教えてくれます。

目次

・打ち合わせのとき、座る席に迷わない。
・いまどきのスマートな名刺交換ができる。
いまどきマナーでやってる? スマートな“名刺交換”テク


打ち合わせのとき、座る席に迷わない。

席次には、目上の方や来客に対する敬意が込められていて、正しい場所に座らないととても失礼。曖昧にしておかず、基本のルールはしっかり覚えておきたい。

「席次のポイントは出入り口。近いほうに迎える側の人、奥側に来客者が座ります。出入り口から遠いほうが役職の高い人が座る上座です。ただし、会議室で人数が3名以上の場合は、真ん中が上座に。このルールは知らない方も多いので、もし真ん中に座るべき人が奥に座ったら、相手に合わせます」

迎える側のとき、来客が迷っていたら、「こちらにどうぞ」と、ひと声掛けて促す気配りも忘れずに。お茶を出す順番も席次に従う。

【基本編】

いまどきマナーでやってる? スマートな“名刺交換”テク


2名の場合:いちばん落ち着く部屋の奥角が上座。
出入り口から最も遠い奥に、来客側の最上位の人が座る。出入り口に対して平行にデスクが設置されていても同じ。

3名の場合:盲点は最高位の席。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.