くらし情報『「キスシーンで劇場から悲鳴が…」人気アイドルが驚きの様子を語る』

2019年10月4日 20:40

「キスシーンで劇場から悲鳴が…」人気アイドルが驚きの様子を語る

いまやエンタメ業界においても、多く見られるようになった「逆輸入」のフレーズ。そんななか今回ご紹介するのは、直木賞作家・森絵都さんの「カラフル」をタイで映画化した“逆輸入映画”ともいえる話題作『ホームステイ ボクと僕の100日間』です。そこで、主演を務めたこちらの方々にお話をうかがってきました。

写真・角戸菜摘(ティーラドン・スパパンピンヨー、チャープラン・アーリークン)

目次

・チャープランさん&スパパンピンヨーさん!
・チャープランからたくさんのエネルギーをもらった
・会う前のイメージとまったく違ったので驚いた
・すべてにおいて挑戦的な現場だった
・日本好きなふたりが語る魅力とは?
・みんなの努力の結晶によって生まれた作品
・インタビューを終えてみて……。
・次々巻き起こる展開から目が離せない!
・ストーリー
・先が読めない予告編はこちら!
・作品情報


チャープランさん&スパパンピンヨーさん!

「キスシーンで劇場から悲鳴が…」人気アイドルが驚きの様子を語る


【映画、ときどき私】 vol. 264

本作は、死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生のミンに“ホームステイ”し、ミンの自殺の原因を100日間以内に見つけ出さなければいけないというストーリー。今回、ティーラドン・スパパンピンヨーさん(写真・右)は、ボクであり、ミンでもある青年を演じています。タイでは俳優として高い人気を誇っていますが、ジェームズという愛称で歌手活動も始めたばかりという若手の注目株です(以下、ご本人の希望でジェームズさんとお呼びします)。

そして、ミンが想いを寄せる優等生のパイを演じるのは、アイドルグループ「BNK48」でキャプテンを務め、第1回BNK48選抜総選挙で大差をつけて1位を獲得したチャープラン・アーリークンさん(写真・左)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.