くらし情報『教育実習で大ピンチ 子どもに言うこと聞かせるためには?』

2015年12月19日 22:00

教育実習で大ピンチ 子どもに言うこと聞かせるためには?

伝書バトの「伝ちゃん」。伝え上手になることを夢見て勉強中。

伝書バトの「伝ちゃん」。伝え上手になることを夢見て勉強中。

「コトバが足りない」「うまく説明できず、察してほしいと思ってしまう」。そんなアンアン世代に、伝え方ひとつで、がらりと変わる方法を『伝え方が9割』の著者・佐々木圭一さんが教えます!今回は、こんなお悩みがテーマです。

■お悩み「大ピンチ!子どもが、全く言うこと聞いてくれない!」

今日は、夢に見た教育実習!小学校で社会科の授業を担当することに。クラスで「先生!」って呼ばれちゃうのかな?!子どもたちに喜んでもらおうと、資料も徹夜して準備した。昔から先生になるの夢だったんだ。さっそく「みなさん、この地域について、調べてください」

って言ったら、あれ???反応がにぶい。教育実習生だからナメられてる?後ろの席なんて、完全に聞いてない。先生、どうすればいいですか!?あ、先生は私だ。

■佐々木さんの答えは…

「今日これからみんな、観光大使になってもらいます!」

観光大使になれるって言われたら、楽しそうですよね。子どもたちも喜んで参加したくなるでしょう。これは、伝え方のレシピ「相手の好きなこと」。子どもは、楽しそうなことはするけど、そうでないことはやりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.