くらし情報『M・ジャクソン、ベートヴェン…トラウマを乗り越え才能開花できた秘密#19』

2020年1月12日 21:00

M・ジャクソン、ベートヴェン…トラウマを乗り越え才能開花できた秘密#19

マイケル・ジャクソン、ブライアン・ウィルソン、ニッキー・ミナージュといったレジェンドと呼ばれる超有名アーティストたち。彼らはみな子ども時代にトラウマになるような体験をしています。心の傷を抱えながら、彼らはいったいどうして多くの人を感動させるような創造性を開花していったのでしょうか。その鍵となる心理状態に入る方法は、なんと約800年前の日本ですでに説かれていました。そこにはうまくいかない日々でも、私たちが最善を尽くすためのヒントがありそうです。

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani

目次

・幼少期のトラウマから芸術を生む鍵、フロー状態。
・フローに至る8つの条件。
・800年前の日本で、”フロー”の秘伝は説かれていた。


【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 19

M・ジャクソン、ベートヴェン…トラウマを乗り越え才能開花できた秘密#19


ジャジャジャジャーン! このイントロを文字で見るだけで、「『運命』?」とわかりましたか? それほどベートーヴェンが作曲した交響曲第5番はクラシック音楽のなかでも特に有名です。ところがそんな名作を生んだベートヴェンの幼少期は恵まれず、飲んだくれの父親にしばしば殴られていたと言われています。またTIME誌で最も影響力のある100人のひとりに選ばれたラッパーのニッキー・ミナージュも薬物中毒の父親を持ち、母とともに彼の暴力に怯えながら暮らしていたのだそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.