くらし情報『ひき逃げが引き起こす新たな事件…人間の本性に韓国の気鋭監督が迫る』

2020年6月24日 19:40

ひき逃げが引き起こす新たな事件…人間の本性に韓国の気鋭監督が迫る

日々いろいろな事件や事故のニュースが飛び込んできますが、その背景には人間のさまざまな感情が渦巻いているもの。そこで、ある事件をきっかけに、運命が一変してしまう人たちの姿を描いた注目作をご紹介します。それは……。

超一級のサスペンス・ノワール『悪の偶像』

目次

・超一級のサスペンス・ノワール『悪の偶像』
・韓国のイ・スジン監督
・環境が人をどんなふうに変えるのか見せたかった
・楽しかったけど、つらい現場でもあった
・自分自身の個性を生かして作品を作ることが大事
・二転三転するストーリーから目が離せない!
・衝撃が走る予告編はこちら!
・作品情報
ひき逃げが引き起こす新たな事件…人間の本性に韓国の気鋭監督が迫る


【映画、ときどき私】 vol. 307

クリーンなイメージで絶大な人気を誇る市議会議員のミョンフェ。ところがある夜、息子が飲酒運転によるひき逃げ事故を起こし、政治家としての危機に直面してしまう。揉み消し工作を実行するも、被害者の新妻であるリョナが行方不明になっていることが判明し、見つけ出そうと動き出す。

いっぽう、被害者の父であるジュンシクは、リョナが妊娠していることを知り、何としても彼女を探し出そうとするのだった。そして、“消えた目撃者”の行方を追う2人の父親は、葛藤を抱えながら、後戻りできない道へと進み始めることに……。

韓国でも実力派として知られるミョンフェ役のハン・ソッキュさんと、ジュンシク役のソル・ギョングさんがダブル主演を務めた話題作。そこで、作品の見どころなどについて、イ・スジン監督にお話をうかがってきました。

韓国のイ・スジン監督

ひき逃げが引き起こす新たな事件…人間の本性に韓国の気鋭監督が迫る


2013年に『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』で長編デビューをはたした際には、巨匠マーティン・スコセッシ監督から絶賛されたイ・スジン監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.