くらし情報『ロックダウンの国から国へ…コロナ禍の移動で起きた「まさかの出来事」』

2020年6月17日 19:10

ロックダウンの国から国へ…コロナ禍の移動で起きた「まさかの出来事」

ベルリンに住むファッションジャーナリスト平野秀美さんが、ロックダウン中にロンドンからベルリンに帰宅した、貴重な体験の現地レポートです。

2020年5月末に、ロンドンからベルリンへ。

私は現在ドイツのベルリンに住んでいますが、家族に会いにロンドンを訪れた後にロックダウンとなり、そのまま3月からロンドン生活を体験することになりました。ビザの関係で3か月以内にベルリンに戻る必要があったため、5月末にロンドンからベルリンに戻りました。その際の移動レポートです。

ロンドンの中心地・リバプールストリート駅付近もガラガラのロックダウン期間

目次

・2020年5月末に、ロンドンからベルリンへ。
・ロンドンの中心地・リバプールストリート駅付近もガラガラのロックダウン期間
・駅前には、こんな注意書きが!
・リバプールストリート駅は人が少ない
・ロンドンからベルリンへは、今回はスタンステッド空港から!
・この用紙に滞在先などを記入する必要があります
・空港内を見渡しても人がいない、お店も閉まってる!
・どこからこんなに人が現れた!?ベルリン行きの飛行機はすごい人!
・飛行機内もけっこう埋まっている
・まず飛行機を降りると警察が待機
・一応2m間隔でと記載はされているものの
・その後のベルリン生活は、2週間はアイソレーション!
・今後はどんな生活が待っている!?
ロックダウンの国から国へ…コロナ禍の移動で起きた「まさかの出来事」


ロンドンには約3か月程滞在していましたが、本当にこの3か月間は人がほとんどいないロンドンを体験しました。中心地を離れると、ロックダウン期間であっても食材などのお買い物はできたため、人気(ひとけ)はありました。しかしロンドン中心地ではお店も閉まり、住んでいる人もほとんどおらず、ゴーストタウン化していました。

実は3か月滞在の間、滞在していた家族のお家が引っ越しをしなければならず、ゾーン2というエリア(中心地から30分程離れた場所)から、中心地に引っ越してきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.