くらし情報『ざわざわしています…学芸員が注目した実力派作家の衝撃アート』

2020年7月3日 20:50

ざわざわしています…学芸員が注目した実力派作家の衝撃アート

自粛生活も緩和され、各地で少しずつ展覧会もはじまっています。久々の本連載では、東京・京橋のアーティゾン美術館で開催中の展覧会『ジャム・セッション石橋財団コレクション×鴻池朋子鴻池朋子 ちゅうがえり』をレポート。国内外で活躍する現代美術家、鴻池朋子さんの作品と19世紀フランス絵画がコラボした展示室の様子や、学芸員さんのお話もご紹介!

アーティゾン美術館、再開!

【女子的アートナビ】vol. 177

ブリヂストン美術館を前身とするアーティゾン美術館が誕生したのは2020年1月。館名も建物も新しくなったこちらの美術館では、「創造の体感」というコンセプトのもと、石橋財団コレクションの多彩な作品群を個性的な企画展で紹介しています。

1月に開催された開館記念展のあと、緊急事態宣言の発出によりしばらく休館していましたが、6月23日から3フロアで待望の展覧会がスタート。

本記事では、6階展示室で開催中の『ジャム・セッション石橋財団コレクション×鴻池朋子鴻池朋子 ちゅうがえり』をレポートします!

見たことのない空間が…

目次

・アーティゾン美術館、再開!
・見たことのない空間が…
・野生のニオイが…
・学芸員さんに聞いてみた!
・なぜフランス絵画?
・ざわざわしています…
・クレーや印象派も!
・エネルギーを浴びに美術館へ!
・Information
ざわざわしています…学芸員が注目した実力派作家の衝撃アート


展示室に入ると、目の前に不思議な空間が現れます。一般的な展覧会の入り口に置いてある「作品リスト」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.