くらし情報『なぜ“ぼっち”なのにYouTubeを始めた? 45万登録のパーカーに聞きました!』

2020年8月7日 20:30

なぜ“ぼっち”なのにYouTubeを始めた? 45万登録のパーカーに聞きました!

開設から1年でチャンネル登録者数45万人。“ぼっち系”YouTuberパーカーが示した、「ひとり」から始まる可能性。

ぼっちはポジティブでいられる。

なぜ“ぼっち”なのにYouTubeを始めた? 45万登録のパーカーに聞きました!


――パーカーさんは自称「陰キャ」や「コミュ障」としていますよね。だとすれば目立つのが苦手なのではと思うのですが、YouTubeを始めたのはなぜでしょう。

パーカー:ずっと人目を避けて生きてきた感じはあるし、確かに目立つのは苦手なんですが、何かをやってみたいという思いが強かったんです。そこで、一番身近にあって手軽に始められたのがYouTubeでした。もちろん公の場に自分の動画をあげるというのは、最初はハードルが高いと思ったけど、直接誰かに送るよりもネットにあげたほうが恥ずかしさがないし、ひとりで頭で考えたことを口に出すような独り言の感覚なんです。幸い友達も少ないから「おまえ、なにYouTubeとかやってんだよ」とか「見たよ」なんて言ってくる友達もいないんで、楽です(笑)。

――チャンネル登録者数が増え始めたのはどんな動画でしたか。

パーカー:最初は1日1~2人ぐらいチャンネル登録者が増えればいいと思っていたんですが、去年の12月に1日で何千人か増えたことがあって、そのきっかけとなった動画が今でも一番の再生回数を記録している「大学ぼっちはテスト期間をどのように過ごしているのか」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.