くらし情報『伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?』

2020年9月26日 20:00

伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?

自分自身、芝居やテクニックに納得したことはないので。ちょっと逃げのような言い方に聞こえるかもしれませんが、芝居は上手下手ではなく、好き嫌いだと思うんです。たとえば感情を乗せて豊かに表現する演技が好きな人もいれば、無表情で、セリフが棒読みに近くても、感情が見えてくるような演技が好きな人もいる。お芝居には正解がないので、私も毎回悩みながら演じていますし、もしそれを評価していただけているなら、私が普通に近い人間で共感を得やすいからだと思います」

伊藤沙莉「タヌキ側に属する私にしかできない」 オファー殺到の理由は?


そんな彼女の無邪気さ、親しみやすさ、サバサバキャラは、同性たちからも支持されている。

「サバサバしている、姉御肌、男勝りとかよく言われるけれど、そんなことは全くない!生粋の妹キャラだし、すごくめんどくさい女だと思います。でも応援してくれている人は、やはり同性の方が多くて、よく『友達に似てる!』とか言われるのですが、友達にいそうな親近感があるのかな。私を小さくして胸ポケットに入れておきたい、そんなマスコット感があるのかもしれないですね。女の子はキャラクターが好きだから!」

彼女は作り手からも愛され、『タイトル、拒絶』で彼女を主演に選んだ内田英治さんは、『獣道』『全裸監督』でも伊藤さんを起用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.