くらし情報『幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語』

2020年10月22日 21:20

幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語

脚本を書きながら母のことが頭にあったのは間違いないと思います。劇中で母と息子の関係を扱い、タイトルにスペイン語で母という意味を指す単語「Madre」を選んだほどなので。これは映画監督としてこれまでに何度も経験していることなんですが、あとで自分の作品を振り返ったときに新たなことに気づかされるというのは多いものなんですよ。

短編で感じていた“借り”を返すことができた

幼い息子が旅行先で突然失踪…母親の10年にわたる葛藤と再生の物語


―では、今回の作品をいま振り返ってみていかがですか?

監督いまの僕がこの映画を作ったときの自分を完璧に判断できる時期にはまだきていないので、よくわからないですが、あえて少しだけ分析してみると、さっき言ったように僕の母が影響を与えているとは思います。20年後にこの作品を振り返ってみても、きっとそう感じるでしょうね。

映画を作っているときは、「自分はこういうことを言いたいのかな」と思って映画を撮っているんだけれど、数年後に振り返ってみると、「あのとき気づいていなかったけど、実はこういうことを言いたかったんだな」と再認識することはよくあることなんです。

―なるほど。ちなみに、短編を作ったあと、物語に対して“借り”があると考えていたそうですが、長編を作ったことでその借りを返せたと感じていらっしゃいますか?

監督それは今回の登場人物に対して、何か続きを与えなければならない“義務”があったという意味ですが、間違いなく今回の映画を通じて、その借りは返せたものと感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.