くらし情報『「ニコール・キッドマンだと誰も気がつかなかった」汚れ役に挑んだ理由』

2020年10月22日 19:20

「ニコール・キッドマンだと誰も気がつかなかった」汚れ役に挑んだ理由

単調になりがちな日常生活に刺激を与えてくれるもののひとつといえば、劇場の大きなスクリーンで映画を楽しむこと。そこで、予測不能な展開に引き込まれてしまうオススメの話題作をご紹介します。それは……。

衝撃のネオ・ノワール『ストレイ・ドッグ』

目次

・衝撃のネオ・ノワール『ストレイ・ドッグ』
・カリン・クサマ監督
・自分の内面にも共感するところが多くあった
・ニコール・キッドマンは本物のアーティスト
・撮影中にはさまざまなトラブルもあった
・自分らしく生きるとは何かを考えてほしい
・最後まで緊張感が止まらない!
・胸がざわつく予告編はこちら!
・作品情報
「ニコール・キッドマンだと誰も気がつかなかった」汚れ役に挑んだ理由


【映画、ときどき私】 vol. 333

ロサンゼルスにあるハイウェイの下に止められた車の運転席で目を覚ましたのは、憔悴しきった中年女性のエリン・ベル刑事。足を引きずりながら歩き始め、男の射殺体がある現場へと向かっていた。

死体の近くにあった38 ⼝径の拳銃と強盗対策⽤の紫の染料に染まった紙幣に⽬に留めたエリンは、「犯人を知ってる」と謎めいた⾔葉を呟き、その現場を後にする。そんななか、LA市警のエリン宛てに差出人不明の封筒が届く。そこにはかつてエリンが関わった未解決事件に関わる“あるもの”が入っていたのだった……。

ハリウッドを代表する美人女優のひとりニコール・キッドマンが、これまでのイメージを覆す危険な汚れ役に挑み、ゴールデングローブ賞ではドラマ部⾨の主演⼥優賞にノミネートされた注目作。今回は、その舞台裏などについて、こちらの方にお話をうかがってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.