くらし情報『悶絶級の美しさ!…「強い男」の裸体が話題『男性彫刻』に潜入』

2020年12月10日 20:00

悶絶級の美しさ!…「強い男」の裸体が話題『男性彫刻』に潜入

東京・竹橋の東京国立近代美術館で『眠り展:アートと生きることゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』がはじまりました。芸術家たちの創造を刺激した「眠り」にスポットをあてたユニークな展覧会のプレス内見会を取材。さらに、同時開催中の美しき『男性彫刻』もご紹介!

『眠り展』とは?

【女子的アートナビ】vol. 189

『眠り展:アートと生きることゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』では、「眠り」をテーマにした古今東西33作家による絵画や写真、映像、インスタレーション作品など119点を展示。17世紀のバロック絵画から現代アートまで多彩な作品を見ることができます。

そもそもこの展覧会は、全国各地にある国立美術館6館による合同展。幅広いコレクションのなかから作品を厳選し、紹介しています。

なせ「眠り」?

目次

・『眠り展』とは?
・なせ「眠り」?
・「眠り」がいっぱい!
・男の裸がいっぱい?!
・Information
悶絶級の美しさ!…「強い男」の裸体が話題『男性彫刻』に潜入


なぜ美術の展覧会で「眠り」をテーマにしたのでしょうか。企画者の東京国立近代美術館研究員 古舘遼さんによると、「眠りというのは、夢とうつつ(現実)をつなぐ創造の源泉である」とのこと。

悶絶級の美しさ!…「強い男」の裸体が話題『男性彫刻』に潜入


また、本展の象徴として使われているゴヤの作品《理性の眠りは怪物を生む》について、古舘さんは次のように解説しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.