くらし情報『“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!』

2020年12月20日 19:00

“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!

コミックス全世界累計発行部数2500万部を誇る大ヒット漫画『約束のネバーランド』(以下、約ネバ)。その人気の理由とは、独特の世界観と魅力的なキャラクターのみならず、謎が少しずつ明かされるミステリー的要素や、緊迫感溢れる展開の面白さゆえ。知れば知るほど深みにハマる、作品の魅力を解説します。

“約ネバ”を構成するCharacter

Emma(エマ)

目次

・“約ネバ”を構成するCharacter
・“約ネバ”を構成するKeyword

“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!


浜辺美波さん演じるのは、高い運動能力と知能を持った天才児で、ハウスのムードメーカー。子供たち全員に等しく愛情を注ぐ優しい少女。

Ray(レイ)
“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!


ノーマンに匹敵する天才で、クールで冷静沈着。子供たちの輪から外れ、ひとりで本を読んでいることが多い。城桧吏さんが演じる。

Norman(ノーマン)
“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!


ハウスいちの天才児で、優れた分析力と冷静な判断力を持つ。子供たちのリーダー的存在で、優しい性格。演じるのは板垣李光人さん。

“約ネバ”を構成するKeyword

孤児院(ハウス)
何不自由ない幸せな生活。夢は里親に引き取られ旅立つこと。

“食用児”として育てられ…『約束のネバーランド』魅力を徹底解剖!


グレイス=フィールドハウスは、親を持たない15歳までの子供たちと、彼らの母代わりのイザベラ(北川景子)の家。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.