くらし情報『大河好演中の藤原季節が主演「少し前まで窒息しそうだった」心境の変化を告白』

2021年5月28日 19:30

大河好演中の藤原季節が主演「少し前まで窒息しそうだった」心境の変化を告白

先行き不安な日々を送るなか、改めて自分の生き方を見直している人も多いと思いますが、そんなときだからこそオススメしたい1本は、人と人とのつながりを描いた注目作『のさりの島』です。今回は、主演を務めたこちらの方にお話をうかがってきました。

藤原季節さん

目次

・藤原季節さん
・大事なのは、変わっていくことをどう見つめていくか
・原さんと自分との時間はまだ終わっていない
・天草の魅力にとりつかれている
・すべて天からの授かりものだと考えるようになった
・いろいろな感情と向き合いながら続けていきたい
・インタビューを終えてみて……。
・“のさりの精神”に救われる
・ストーリー
・心に染みる予告編はこちら!
・作品情報
大河好演中の藤原季節が主演「少し前まで窒息しそうだった」心境の変化を告白


【映画、ときどき私】 vol. 383

映画『佐々木、イン、マイマイン』や『くれなずめ』、大河ドラマ『青天を衝け』など、話題作への出演が続き、大きな注目を集めている藤原さん。本作ではオレオレ詐欺の男がある老女と出会うことで、徐々に変化していく姿を繊細に演じています。そこで、舞台となった熊本・天草での思い出や自身が抱える葛藤について、語っていただきました。

―まずは、この作品に出演したいと思った理由から教えてください。

藤原さん撮影したのは2年ほど前ですが、実はその当時の僕は直接的な言葉があふれている世の中でいろいろな状況に圧迫されてしまい、窒息しそうな状態に陥っていたときでした。そんなときに、目に見えないものを映そうとしているこの作品に出たいと思ったんです。

劇中で「人にはまやかしが必要なときあるんだよ」というセリフがあって、僕がすごく好きな言葉なんですが、事実だけでなく、まやかしや嘘のなかにも救いがある場合もありますからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.