くらし情報『鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”』

2021年6月13日 21:10

鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”

天文イベントとしての日食、月食そのものは珍しい現象ではありません。しかし古代から太陽、そして月が一転、かき曇るその現象は人々の心を震わせてきました。天と地の照応は一体どんな転機をもたらすのでしょうか?占星術研究家・鏡リュウジさんにお話を伺いました。

月と太陽の重なりが地上の人々に告げた、「時代の変化」。

目次

・月と太陽の重なりが地上の人々に告げた、「時代の変化」。
・2021年下半期に起こる日食と月食
鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”


明るく輝く太陽が、突然、昼のひなかに欠け始め、そしてついには、日輪全体が隠される……。明るいはずの昼間の空が真っ暗になり、暗くなった太陽の円盤から神秘的な白い光が漏れ出して、「黒い太陽」が出現する……。

これが、皆既日食の様子です。「今度日食があるよ」と言うと、多くの人は「へえ、そうなんですね」と軽く受け流すことがほとんどでしょう。子どもの頃から今までの間に「日食」や「月食」を見たことがあるという人は多いと思います。そして、それはあまり大きなインパクトは残さなかったのではないでしょうか。

「日食といっても、日食メガネで見て、あ、太陽が欠けているな、とわかるくらいでしょ」と。月食に至っては、「月が隠れるというより、なんとなく月の色が変わるくらいだよね」という感じ。さほど大騒ぎするほどのことはない、というのが正直な感想ではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.