くらし情報『鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”』

2021年6月13日 21:10

鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”

実際、僕もそうでした。けれど僕が間違っていました。2009年の皆既日食を硫黄島沖の洋上で観測して、日食がどれほどすごいものか、思い知らされたのです。

部分日食と、太陽全部が隠される皆既日食は全く異なります。そのとき、昼のはずの空は夜になり、星が輝きだします。気温もみるみる下がり、鳥や動物、魚たちが不安に駆られたのか騒ぎ始めるのです。日食帯の外の水平線は、朝焼けとも夕暮れともつかない淡い光で照らされ、そのひと時はこの世とあの世の中間にいるような気持ちになってしまったのです。

月が太陽を隠すだけの天文ショーだと知っている現代人の僕ですら、息を呑む日食。かつての人々は、それを見ていかに戦慄したことでしょう。

占星術では、日食や月食は大変重要なものとされ、しばしば、王や為政者の異変を示すなどともされてきました。昨年から「グレート・コンジャンクション」(大会合)という木星と土星の重なる事象、つまり「合」が大きな歴史的な変化を表すと話題になっていますが、ペルシャやアラブで大会合が重視されるようになる前には、日食や月食こそが時代の変化を表す最も重要な印だと考えられていたほどです。実際、日本でこの皆既日食を観測したその直後には、政権交代が起こり、民主党が与党になったということがありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.