くらし情報『「向井理が罪すぎる」「くるみ呼びはヤバい」SNS超盛り上がりの『着飾る恋には理由があって』8話』

2021年6月15日 08:00

「向井理が罪すぎる」「くるみ呼びはヤバい」SNS超盛り上がりの『着飾る恋には理由があって』8話

7話で真柴くるみ(川口春奈)の実家という普段と違う場所で過ごした真柴と藤野駿(横浜流星)。良好な関係のまま東京に戻ってきた2人ですが、藤野の過去が彼らの間を揺るがしてしまいます。SNSでは駿と葉山(向井理)の全力疾走対決&「くるみ」呼びが話題になった8話を振り返ります。

後悔を「捨てられない」駿

目次

・後悔を「捨てられない」駿
・葉山、駿に宣戦布告!駿
・駿と葉山、二人が真柴のために全力疾走!
・Information
「向井理が罪すぎる」「くるみ呼びはヤバい」SNS超盛り上がりの『着飾る恋には理由があって』8話


葉山(向井理)と駿(横浜流星)、真柴(川口春奈)をめぐる二人の戦いは……?(9話より)。©TBS

かつて、若くして店を任された藤野駿(横浜流星)。しかし人間関係がうまくいかず、一緒に働く人たちが次々とやめる事態に陥り、店は失敗。駿自身も逃げるように店を去ったという過去を持っています。その後も、彼の店で働いていた元彼女・葉菜(山本千尋)は店名そのままで店を続けていました。ある日、葉菜が駿のキッチンカーに現れ、シェフが入院してしまったため、2か月の間店を手伝ってほしいと伝えます。

駿は人に心配をかけたくないタイプのよう。「何もかもを捨てる」ミニマリストとして生きていますが、その実、過去の後悔も、いまの悩みも捨てるのがヘタ。というか、そういういろいろな気持ちを「捨てられない」人だからこそ、代わりに身の回りのものを捨てているのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.