くらし情報『瀬戸康史「こんなにも辛いのか」幸せなイメージが覆された瞬間』

2021年6月24日 20:40

瀬戸康史「こんなにも辛いのか」幸せなイメージが覆された瞬間

シーンの途中で心の声が重なる、という演出もたくさんあり。実際には言っていないけれど、言っている雰囲気を出す芝居に苦労しました。でも難しく感じたのは最初だけで、すぐにドラマの世界観を楽しめるようになりました。

ーー育休にどのようなイメージを持っていますか?

瀬戸さん偉いな、夫婦仲が良くなるな、赤ちゃんと一緒で嬉しいよな、といった幸せなイメージしかありませんでした。実際に演じてみると、こんなにも辛いものなのかと思いました。

例えば、赤ちゃんに哺乳瓶でミルクをあげるシーン。ソフトにくわえさせるのかなと思ったら、赤ちゃんを演じた子役のお母さんから「もっとぐっと入れてください。そうしないと飲まないんです」と教えていただいて。

本作には、監督を含めて子育て真っ最中の方や子育て経験者など、周囲に良い先生がたくさんいたので、撮影中にすぐ質問ができてやりやすかったです。

瀬戸康史「こんなにも辛いのか」幸せなイメージが覆された瞬間


ーー共演者の方々との印象に残っている出来事、エピソードは?

瀬戸さん妻役の瀧内さんは、目で伝える演技と、もともとの人間力が素晴らしくて、すぐに打ちとけることができました。本読みから息が合い、彼女のおかげで自然体で演じることができました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.