くらし情報『「命を削っても苦にならない…」88歳の女性作家が命がけでつくった迫力アート』

2021年7月11日 19:30

「命を削っても苦にならない…」88歳の女性作家が命がけでつくった迫力アート

森美術館で『アナザーエナジー展』が開かれています。世界14か国出身の50年以上のキャリアをもつ女性アーティスト16名による代表作や新作など約130点が集結。88歳の現役アーティスト、三島喜美代さんのしびれる生コメントもご紹介!

どんな展覧会?

目次

・どんな展覧会?
・入り口から圧倒…!
・美しい作品に描かれているものは…
・命を削って仕上げた作品
・Information
「命を削っても苦にならない…」88歳の女性作家が命がけでつくった迫力アート


【女子的アートナビ】vol. 214

『アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人』では、現役で活躍する71歳から106歳までの女性アーティスト16名による作品を展示。絵画をはじめ、彫刻、映像、大型インスタレーションなどさまざまな作品が紹介されています。

森美術館館長の片岡真実さんによると、本展は「ジェンダーや年齢、ダイバーシティの意識を高く喚起するものでありながら、そうしたアイデンティティからも解放され、個々のアーティストの芸術性、個々人の尊厳に意識が向かうような展覧会を目指した」とのこと。

16名の参加アーティストは、近年国際的な評価が高まっている人や、それぞれの国や地域で長年高い評価を得ながらも国際的な評価が待たれる人たちで、世代やテーマの多様性などのバランスを考慮して選ばれたそうです。

入り口から圧倒…!

「命を削っても苦にならない…」88歳の女性作家が命がけでつくった迫力アート


それでは、展示品をいくつかピックアップしてご紹介していきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.