くらし情報『生々しい…! 学芸員の心がざわついた「明治初期の“夢に出そうな不思議な絵”」』

2021年7月28日 19:00

生々しい…! 学芸員の心がざわついた「明治初期の“夢に出そうな不思議な絵”」

とても美しいとはいえない、ちょっと汚らしいとも思える絵巻です。

「《放屁合戦絵巻》は、もともと平安時代に描かれたものを室町時代に写したものです。おならを競い合う絵を大切に描き継いで楽しむという、当時の人たちの心の余裕も感じられる作品です」(久保さん)

もうひとつ、《袋法師絵巻》も超ざわざわ系アートです。いわゆる「春画」で、ある屋敷の女主人の寝床に好色のお坊さんが潜んでいるところが描かれています。赤い大きな袋に隠れたお坊さんの顔はインパクトがあり、一度見たら忘れられません。ちなみに、このお坊さんはその後、袋に入れられたまま、ほかの女性の慰み者になるそうです……。

心のざわめきに耳を傾けて!

生々しい…! 学芸員の心がざわついた「明治初期の“夢に出そうな不思議な絵”」


おならや春画の絵巻で心がかなりざわついたあと、最後のプロローグではレースで区切られた静寂な空間が待ち受けています。ここには、仏教彫刻がポツンとひとつだけ、飾られています。

「この作品は、平安時代の女神像でしかも頭部だけです。表情があまりありませんが、よく見ていると、鑑賞者の心の変化に合わせて少女のように見えたり赤ちゃんに見えたり、目まぐるしく変化します。見る人の心の状態が変わることで、作品との出会いが一度きりでは終わらない、その時々の自分だけの大切なものだと改めてわかるような彫刻です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.