くらし情報『増田俊樹「プレッシャーを感じた制作でした」と語る新曲の意気込みとは』

2022年1月21日 19:30

増田俊樹「プレッシャーを感じた制作でした」と語る新曲の意気込みとは

【音楽通信】第98回目に登場するのは、声優としてアニメやゲームなどで数多くの作品に携わりながらも、音楽活動やドラマ出演でも注目を集める、増田俊樹さん!

高校生の頃に聴いたロックサウンドが音楽的ルーツ

目次

・高校生の頃に聴いたロックサウンドが音楽的ルーツ
・初めてTVアニメのオープニングテーマを担当
・どんなときも気分が前を向く作品を作っていきたい
・Information
増田俊樹「プレッシャーを感じた制作でした」と語る新曲の意気込みとは


【音楽通信】vol. 99

2011年から声優活動を本格的にスタートし、『アイドリッシュセブン Third BEAT!』和泉一織役、『僕のヒーローアカデミア』切島鋭児郎役、『ヴィジュアルプリズン』ディミトリ・ロマネ役ほか、洋画の吹き替えやナレーション、舞台など、数多くの作品で活躍中の増田俊樹さん。

アーティストとしては、2019年から音楽活動をスタートされた増田さんが、2022年1月26日に1stシングル「Midnight Dancer」をリリースされるということで、お話をうかがいました。

――声優では2011年に『遊戯王 ZEXAL』(2011〜14年)で初レギュラーを獲得され、2013年にアニメ『サムライフラメンコ』(2013〜14年)で初主演を務め、その後数多くの作品でご活躍中です。そもそも増田さんが声優を目指されたきっかけ、影響を受けた作品から教えてください。

高校生の頃に観たアニメに影響を受けて、「僕もこんなカッコいいことをやってみたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.