くらし情報『「リフ活」で疲れが溜まりにくい体質に!? 疲労回復を促す“休養モデル”7つ』

2021年12月18日 20:10

「リフ活」で疲れが溜まりにくい体質に!? 疲労回復を促す“休養モデル”7つ

ただ体を休めるだけでなく、心も満たしてあげることで、疲れ知らずの体質に!?日常生活のなかで上手にリフレッシュして、毎日をより活動的に過ごすことができる“リフ活”を紹介します。

疲労への対処法を変え、リフレッシュ上手に。
「リフ活」で疲れが溜まりにくい体質に!? 疲労回復を促す“休養モデル”7つ

「リフ活」で疲れが溜まりにくい体質に!? 疲労回復を促す“休養モデル”7つ


気付かぬうちに蓄積している疲労。疲れを取ろうと休日ゴロゴロした結果、かえって疲れが増したような気がする……、なんて経験、誰しもあるのでは?

そこで注目したいのが、意識的・効率的に休養をとる“リフレッシュ活動=リフ活”。暮らしのなかで休養を意識することで、疲労を溜めにくく心身ともに健康な状態へと導けるのだとか。疲れのメカニズムを解明する「休養学」の第一人者である片野秀樹さんに聞きました。

「疲労とは、さまざまな要因により心身の活動能力が減退している状態のこと。きちんと休養をとることで解消できますが、怠ると解消しきれない疲れが少しずつ蓄積し、さまざまな不調を引き起こす要因になります」

では、疲労を溜めずに回復するコツはあるのでしょうか?

「実は、ただ体を休めるだけでは肉体の疲労しか解消できません。精神の疲労は、心が休まり英気を養うような活動をして解消するのが効果的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.