くらし情報『大原櫻子「正直、まだ迷っている最中…」 真逆な性格の双子役に挑む』

2022年1月11日 20:40

大原櫻子「正直、まだ迷っている最中…」 真逆な性格の双子役に挑む

ミネオラに住む双子の姉妹・マーナとマイラ。これが大原櫻子さんがシス・カンパニー公演『ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~』で演じる役。マーナは、結婚こそが最上の幸せと信じて疑わない保守的で“善良”な女子高生。かたやマイラは、周りの良識なんかものともせずに自由奔放に生きる“邪悪”な問題児。ウィッグと衣装を取っ換え引っ換えしながら、真逆な性格のふたりの30数年の経過を演じていく。

物事の価値観が大きく変動した時代に、思いもよらない運命をたどる双子の物語。
大原櫻子「正直、まだ迷っている最中…」 真逆な性格の双子役に挑む


「最初に戯曲を読んだときは、物語の軸が全然見えなくて戸惑いました。何度も読んでいくうち、ふたりの像がおぼろげに掴めたような気がしていたんですが、稽古に入ってみたら思っていたのとはどうやら違うようで…正直、まだ迷っている最中。今は真っ暗な部屋に閉じ込められていて出口が見当たらない状況です」

当初はふたりの対比を明確に演じていたというが、演出の藤田俊太郎さんから「もっと普通の大原櫻子でいいんだよ」と言われたのだとか。

「それってどういうことだ?って思っています。戯曲の中ではそれぞれの役の説明に極端に善良とか邪悪と書かれているので、今はとまどいながらも全力で、役として生きている感じです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.