くらし情報『【プロ指導】洋書の1ページみたい!イマドキ料理写真をスマホで撮る方法』

2016年6月7日 17:00

【プロ指導】洋書の1ページみたい!イマドキ料理写真をスマホで撮る方法

IMG_9770


洋書やおしゃれな料理雑誌などで最近よく見かける”ライブ感のある料理写真”。

調理中や、仕上げのソースをかける瞬間など……。人物の気配をフレーム内におさめることで、料理の美味しさを際立たせる効果があります。

そこで、日本初の料理道具コンサルタントで、食のデザインスクール「レコールバンタン」のスタイリングの授業や、料理写真教室の講師も務める荒井康成先生に”美味しく見える料理写真の撮り方”をレクチャーいただきました。

使用するのは、iPhone6のカメラ(スクエアモード)。そう!スマートフォンで撮れるんです!恋人と料理を作ったとき、気心の知れた友達とのホームパーティのとき、最高の料理と最高の思い出を撮ってみてはいかがでしょうか?

料理は自然光で撮影しましょう
自然な色味や立体感を出して、やわらかな印象にするため、日の光が入る窓の近くで撮影しましょう。室内の照明も、余計な色味が加わってしまうのでオフに。

フラッシュをオンにして撮ると生々しい色になるだけでなく、フラットな印象になり、美味しさも半減してしまいますので使わないようにしましょう。

基本的に、サイド光( 被写体の左右のいずれかから光が当たっていること)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.