くらし情報『生徒たちに病を告白する樋熊、吹奏楽部にさらなる試練が「仰げば尊し」第7話』

2016年9月4日 14:30

生徒たちに病を告白する樋熊、吹奏楽部にさらなる試練が「仰げば尊し」第7話

Photo by cinemacafe.net

「ROOKIES」のスタッフが寺尾聰を主演に迎え、1980年代に神奈川県の野庭高等学校を全国有数の吹奏楽の強豪校に育てた実在する中澤忠雄先生の“奇跡の実話”を基にしたドラマ「仰げば尊し」の第7話が9月4日(日)今夜放送される。

本作は寺尾さん演じる元サックス奏者・樋熊迎一が荒廃した美崎高校の吹奏楽部に再び夢を見いだし、真っ正面から生徒と向き合い指導するなかで、問題児だった生徒たちもその情熱に応えようと全力で吹奏楽に向き合い、全国の頂点“音楽の甲子園”を目指していくというドラマ。

樋熊の情熱によって真剣佑村上虹郎、「DISH//」北村匠海、太賀、佐野岳の5人が演じている不良グループも吹奏楽部に入部、「E-girls」石井杏奈らと共に全国大会を目指すように。さらに多部未華子演じる樋熊の娘・奈津紀が教育実習生として美崎高校で樋熊とともに吹奏楽部を指導。色々な問題を乗り越えて部員たちの心が1つになりつつあった。

しかし樋熊のすい臓がんが発覚。部員たちに「残せるものは全部残したい」と病を隠しながら奮闘するも倒れてしまう。手術を望む奈津紀に対し樋熊は全国大会の地区予選を前に練習を休めないと手術を拒否、放射線と抗がん剤による治療を選ぶが病状は深刻で、生徒たちの前では笑顔を見せるもののその影では苦痛に顔をゆがめていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.