くらし情報『“アラビアのロレンス”ロバート・パティンソン、赤ちゃんライオン抱っこに萌えキュン!?』

2016年12月15日 14:30

“アラビアのロレンス”ロバート・パティンソン、赤ちゃんライオン抱っこに萌えキュン!?

Photo by cinemacafe.net

『LION』(原題)でゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされているニコール・キッドマンが、砂漠の地に魅せられた実在の人物を演じた『アラビアの女王 愛と宿命の日々』。本作で、もう1人の伝説的人物“アラビアのロレンス”を演じているのが、ロバート・パティンソン。このほど、彼が両手に赤ちゃんライオンを抱っこする萌えキュン必至(!?)画像がシネマカフェに到着した。

20世紀初頭、ある女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女の名はガートルード・ベル。オックスフォード大学を卒業後、上流階級の生活を捨て、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、やがてイラク建国の立役者として尽力したベル。アラビアの人々は、彼女を“砂漠の女王”と呼んだ――。

ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォークが、歴史の裏に隠されてしまったガートルード・ベルの不思議な魅力に取りつかれ、知性とたくましさを兼ね添えたオスカー女優ニコール・キッドマンを主演に迎えて映画化。また、ジェームズ・フランコ演じるイギリス大使館の書記官との悲恋、ダミアン・ルイス演じるトルコの副領事官との叶わぬ禁断の恋など、ベルの人生に深く関わる豪華俳優陣にも注目が集まっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.