くらし情報『市原隼人&斎藤工ら主演のオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』4月公開へ』

2017年1月15日 09:00

市原隼人&斎藤工ら主演のオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』4月公開へ

Photo by cinemacafe.net

昨年12月7日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて劇場公開のための資金を集めていた映画『ブルーハーツが聴こえる』が、この度クラウドファンディングでの好調を受け、4月8日(土)より公開されることが決定した。

本作は、「ザ・ブルーハーツ30周年企画」として製作された、伝説のバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲映画。人気クリエイター飯塚健下山天井口昇清水崇工藤伸一、李相日の6人がオリジナルな解釈で監督し6本のオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』として誕生させた。今回映像化するのは、「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」といずれも世代を超えて愛される楽曲たち。そして各映画の主演を務めるのが、日本を代表する豪華俳優陣たちだ。

まず『ハンマー(48億のブルース)』では、同棲中の彼の浮気現場を目撃し悩む一希役に尾野真千子、『人にやさしく』では宇宙船でサバイバルを繰り広げる謎の若い男を市原隼人、『ラブレター』では初恋の女の子を救うべくタイムスリップする脚本家の大輔役に斎藤工、『少年の詩』では戦隊ヒーローに憧れる息子思いのシングルマザー役に優香、『ジョウネツノバラ』では最愛の女性を亡くして喪失感にとらわれる男を永瀬正敏、そして『1001のバイオリン』では故郷を離れ東京での暮らしに馴染めない元福島原発の作業員・達也役を豊川悦司が演じている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.