くらし情報『【インタビュー】水谷豊&反町隆史、17年目に突入――『相棒 -劇場版IV-』から生まれた2つの伝説』

2017年2月9日 17:00

【インタビュー】水谷豊&反町隆史、17年目に突入――『相棒 -劇場版IV-』から生まれた2つの伝説

Photo by cinemacafe.net

人気テレビドラマ劇場版第4弾の映画『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』の注目ポイントは、警視庁特命係係長・杉下右京を演じる水谷豊のキレのある疾走シーンであろう。水谷さん曰く「最近『相棒』ファンの方から“ここのところ右京は走っていませんね、走っているところが好きなのに…”と言われる機会が多いので、今回の劇場版では何としてでも走ろうと思った」というだけに、“走る右京”の雄姿は必見だ。そのクライマックスの撮影では、2つの伝説が生まれた。水谷さんと相棒・冠城亘役の反町隆史に話を聞いた。

伝説その1は、50万人が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団祝賀パレードのシーン。『相棒』史上最大規模の撮影地に選ばれたのは、北九州市内最大の目抜き通りにあたる6車線の県道・小文字通り。「脚本を読んだときに“このパレード、撮影できるのか!?”と思った。ロケ場所には数百軒以上の商店が並び、一軒でもOKしないと撮影は不可能ですから」と水谷さんがふり返ると、反町さんも「しかも天候の問題で撮影が2度も延期しましたね」と付け加える。

しかし、スタートから数えて17年目に突入する長寿ドラマのブランド力は最強だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.