くらし情報『「アナ・ウィンターはキツくない」『メットガラ』監督が明かす』

2017年3月19日 17:00

「アナ・ウィンターはキツくない」『メットガラ』監督が明かす

Photo by cinemacafe.net

『プラダを着た悪魔』の鬼編集長のモデルといわれるアナ・ウィンター。彼女が取りしきる世界最大のファッション・イベントを追ったドキュメンタリー映画『メットガラドレスをまとった美術館』のアンドリュー・ロッシ監督が、彼女について興味深いコメントを寄せていることが分かった。

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(通称、MET:メット)にて行われた伝説のファッション・イベント、“メットガラ”。そのレッドカーペットを闊歩するのは、ポップスターのリアーナをはじめ、ジョージ・クルーニーアン・ハサウェイといったアカデミー賞俳優、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、豪華セレブリティたち。カメラは、企画展示を担当したキュレーターのアンドリュー・ボルトンと共同主催のアナ・ウィンターに密着、ゴージャスな一夜を生み出すための8か月を初めて捉えていく。

現在、御年67歳のアナ・ウィンターといえば、ファッション誌「VOGUE」の名物編集長として知られ、METの理事でもある。1970年にロンドンで「ハーバース・アンド・クイーン」誌の編集アシスタントとしてキャリアをスタートさせ、75年にNYへ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.