くらし情報『こんな同級生がほしかった!ドイツ発・美男美女のフレッシュな俳優たち『50年後のボクたちは』』

2017年9月20日 18:00

こんな同級生がほしかった!ドイツ発・美男美女のフレッシュな俳優たち『50年後のボクたちは』

Photo by cinemacafe.net

『ソウル・キッチン』『消えた声が、その名を呼ぶ』などで知られ、5月の第70回カンヌ国際映画祭ではダイアン・クルーガーに主演女優賞をもたらした最新作『In The Fade』(原題)でも注目を集めるドイツの名匠ファティ・アキン。現在、日本公開中の『50年後のボクたちは』は、誰もが通過する、永遠には続かない14歳という一瞬の煌めきを瑞々しく捉えた爽やかで切ないロードムービーとして注目を集めている。本作を牽引する、フレッシュで魅力あふれる若手キャストたちに迫った。

■若かりしころのイギー・ポップにそっくり!主人公は笑顔が可愛い新進気鋭の大注目俳優!

ドイツ国内で220万部以上を売り上げる大ベストセラーとなった国民的小説「14歳、ぼくらの疾走」(ヴォルフガング・ヘルンドルフ著)を原作にした本作。“現代版『スタンド・バイ・ミー』”とも呼び声の高い、思春期の1ページを切り取ったロードムービーだ。

『50年後のボクたちは』(C)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH
クラスのはみだし者で、同級生からは変人(サイコ)扱い。しかも母親はアル中で、父親は浮気中。そんな、自分の居場所を見つけられないままでいる14歳の主人公マイク役を演じたのは、ドイツの新進気鋭の大注目俳優トリスタン・ゲーベル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.