くらし情報『“セクシーヴィラン”が似合う男・津田健次郎の艶声に迫る』

2018年3月30日 08:00

“セクシーヴィラン”が似合う男・津田健次郎の艶声に迫る

Photo by cinemacafe.net

魅力的な主人公には、“悪役=ヴィラン”の存在が不可欠。ヴィランが興味深いキャラクターであればあるほど、物語もよりドラマチックになるもの。そんな中、『スター・ウォーズ』のカイロ・レン、『ブラックパンサー』のキルモンガーなど、ここ最近の人気作でヴィランの日本語吹き替えを歴任しているのが声優・津田健次郎だ。彼がその憂いを含んだ低音ボイスを響かせれば、影を背負った男の色気や哀愁までがあふれ出す!ヴィランを一層ステキなキャラクターにしてしまう、津田さんの出演作&魅力をご紹介したい。

■もがき葛藤する弱さまで声で表現…『スター・ウォーズ

映画史に燦然と輝く世界的超大作『スター・ウォーズ』シリーズの新たなる三部作で、最重要人物のひとりとなるカイロ・レン(アダム・ドライバー)。十字型のライトセーバーを操る彼は、謎多き人物として『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場。シスの暗黒卿ダース・ベイダーを崇拝するその正体は、ハン・ソロとレイア・オーガナの息子だった。

家族を捨て、闇の道を歩み始めたカイロ・レンのドラマこそ、新三部作の大きな魅力。偉大な両親のもと、彼がどんな葛藤を抱えていたのか…。アダム・ドライバーの悲しげな表情も印象的だが、日本語吹替版では、津田さんがカイロ・レンのもがきや弱さまでをしっかりと表現している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.