くらし情報『西島秀俊を内野聖陽が“バックハグ”…「感無量」「感謝しかない」絶賛の声が殺到「きのう何食べた?」最終話』

2019年6月29日 07:00

西島秀俊を内野聖陽が“バックハグ”…「感無量」「感謝しかない」絶賛の声が殺到「きのう何食べた?」最終話

このシーンに「どっちかが女の格好してると思ってる…どうしようもない断絶だ」「理解があるつもりでも男と女の概念から抜け出せてないんだよなあ.......難しいなあ」などの声が集まる。

それでも史朗の家に行けた喜びのあまり「もう死んでもいい」と話す賢二に、「そんなこと言うもんじゃない。長生きしよう」と優しく語りかける史朗。階段での2人のやり取りに「原作愛読者として、このシーンを最終回に持ってきてもらい、胸がイタくなるような心を鷲掴まれるシーンにしていただき、感謝しかない」「まじ脚本神ですわ…ケンジの坂道での泣き方もほんと原作通り…感無量です」と原作ファンから大絶賛の声が続く。

その後いつもの商店街で買い物をする史朗だが、賢二の提案で駅前のカフェへ。以前と違い店の真ん中のテーブルでスコーンをシェアしながらはしゃぐ2人に周囲の目線が集まる。以前ならこういったシチュエーションを嫌っていた史朗だったが、帰宅後賢二に「もう気にしなくて大丈夫。お前が幸せを感じるならこれからはカフェぐらい何度でも付き合うよ」と話す。そんな史朗の襟足をカットしながら思わず“バックハグ”する賢二。2人の深い愛が感じられるラストに「ケンジのバックハグがなかなかの雰囲気出してたし、萌え殺されるかと思った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.