くらし情報『明かされた“黒幕”…磯村勇斗演じる“殺し屋”の素姓にも憶測が乱れ飛ぶ「TWO WEEKS」第6話』

2019年8月21日 00:10

明かされた“黒幕”…磯村勇斗演じる“殺し屋”の素姓にも憶測が乱れ飛ぶ「TWO WEEKS」第6話

Photo by cinemacafe.net

三浦春馬主演、芳根京子らが共演する「TWO WEEKS」の第6話が8月20日に放送され、これまで謎に包まれてきた“黒幕”の存在が明らかに。さらに磯村勇斗演じる“殺し屋”灰谷の意味深な表情に新たな謎も生まれ、視聴者が沸いている。

悪徳実業家・柴崎要の身代わりとなって罪を着せられ逃亡する結城大地を三浦さんが演じ主演。父を失った復讐のため柴崎の悪を暴こうとする月島楓芳根京子。結城との子どもであるはなを生んだ青柳すみれ比嘉愛未。すみれの現在の恋人だが結城を追う刑事・有馬海忠に三浦貴大。柴崎の部下の殺し屋・灰谷に磯村さん。柴崎コーポレーションの社長・柴崎要高嶋政伸。楓を支える国会議員・久我早穂子黒木瞳といった俳優陣が出演する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
柴崎に捕まった結城を助けたのは楓だった。楓は自分が8年前の事件の被害者の娘だと明かし、柴崎に復讐するためデジカメが欲しいと告げる。結城はその言葉を信じるふりをして車を奪い逃走する。楓が結城と繋がったことを知った柴崎は裏で手を回し、楓を結城の担当検事から外させるが、このことで楓は警察や検察に柴崎への内通者がいるのではと考えるように。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.