くらし情報『【インタビュー】監督が語る『ファイティング・ファミリー』に込めた思い――“自分の居場所を見つける物語”』

2019年11月25日 12:00

【インタビュー】監督が語る『ファイティング・ファミリー』に込めた思い――“自分の居場所を見つける物語”

Photo by cinemacafe.net

『リトル・ダンサー』『フル・モンティ』『ブラス!』など、常にワーキングクラスに寄り添ってきた英国産ヒューマンドラマと、ショービジネスを知り尽くしたハリウッド映画のいいとこ取りが実現したような『ファイティング・ファミリー』。

英国ノーウィッチ出身の女性ファイター、ペイジとその家族の愛と絆に魅せられ、映画化を決意したドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンがメガホンを託したのは、俳優であり、監督・脚本家でもあるスティーヴン・マーチャントだ。意外にも「レスリングのことは全く知らなかった」というマーチャント監督が、撮影秘話や人気英国俳優たちのキャスティング秘話にも触れながら本作について語ってくれた。

何だか変テコな家族…でも
「彼らとその夢を精一杯応援したくなった」

ドウェインから原案となったドキュメンタリーが送られてきたとき、「僕はレスリングもことは何も知らなかった。何だか変テコな家族とそのケッタイな家業についての話みたいだから『笑ってしまおう』くらいの気持ちだったんだ。ところが僕はまるで恋をするように、すぐにこの一家の虜になった。ワーキングクラスの荒々しい家族なんだけれど、お互いに深い愛で結ばれている上、レスリングにも同じくらい愛を注いでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.