くらし情報『【インタビュー】のん、“リミッター”を意識しても譲れないこだわりとは?』

2019年12月17日 07:45

【インタビュー】のん、“リミッター”を意識しても譲れないこだわりとは?

Photo by cinemacafe.net

「やりたいことはとことんやる!」というポリシーのもと表現活動に突き進む“のん”。女優・ライブ・アート・映画監督……とジャンルは問わない。2016年公開された劇場版アニメ『この世界の片隅に』で演じたヒロイン・すずさんの声の演技も、彼女にとっては「大切なものをたくさん与えてくれた」と強く印象に残る出会いだったという。そんな思い出深い作品が“さらにいくつもの”気づきをのんさんに与えてくれたようだ。

やりたいことに力を注げない…
焦りを感じる主人公に共感できます

2016年11月、全国63館で公開された『この世界の片隅に』は、製作陣の真摯な原作への向き合い方、作品の持つメッセージ性、のんさんら声優たちの魂を込めた思いが相まって大きな反響を呼んだ。そして2019年12月、前作から250カットを超える新エピソードが追加され『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』として生まれ変わった。第32回東京国際映画祭では、特別招待作品としてレッドカーペットを闊歩した。

「まさか東京国際映画祭に呼ばれるとは思っていなかったので…」とのんさんは一報を聞いたとき驚いたというが、片渕須直監督が「映画祭で選んでいただけたということは、新作として扱ってもらえたということなんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.