くらし情報『亀梨和也、“売れない芸人”役でホラー初出演「事故物件怪談 恐い間取り」映画化』

2020年1月21日 06:00

亀梨和也、“売れない芸人”役でホラー初出演「事故物件怪談 恐い間取り」映画化

Photo by cinemacafe.net

亀梨和也主演、中田秀夫監督のタッグで、“事故物件住みます芸人”松原タニシの実体験による著書「事故物件怪談恐い間取り」が映画化決定。「色んな方に楽しんで頂ける作品にできるよう撮影に励みたい」と意気込む亀梨さんのコメントも到着した。

売れない芸人・山野ヤマメは、先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた物件へと引っ越すことに。そこは普通の部屋だったのだが、撮影した映像の中には白いものが映っていたり、音声が乱れたり。ヤマメの出演した番組は盛り上がる。番組からの期待も高まり、ネタ欲しさに事故物件を転々とするヤマメは、やがて様々な怪奇現象に遭遇し「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが――。

2012年「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画により事故物件に住み始め、以降大阪、千葉、東京、沖縄で実際に9軒の事故物件に住んできた松原さんの体験を、それぞれ間取り付きで紹介する「事故物件怪談恐い間取り」。発売から2か月、異例の増刷14刷りとなり、「恐すぎて部屋に入れない」と話題沸騰。また、現在までにノンフィクションとしては異例の10万部を突破している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.