くらし情報『佐藤健の“ハグ&背中ポンポン”に視聴者沸き立つ「恋はつづくよどこまでも」2話』

2020年1月22日 00:05

佐藤健の“ハグ&背中ポンポン”に視聴者沸き立つ「恋はつづくよどこまでも」2話

Photo by cinemacafe.net

上白石萌音が主人公の新米ナース、佐藤健が超ドSなドクターを演じる「恋はつづくよどこまでも」の2話が1月21日オンエア。佐藤さんの“ハグ&背中ポンポン”に沸き立った視聴者からの声がSNSに続々届いている。

修学旅行中に出会った医師に恋をした佐倉七瀬は、5年かけて看護師となり憧れのドクター・天堂浬に再会するが、彼は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人のドS“魔王”だった。そんな天堂に憤慨しつつも仕事に恋にまっすぐな七瀬の“勇者”ぶりを描いていくのが本作。

七瀬を上白石さんが、天堂を佐藤さんがそれぞれ演じ、天堂の同僚医師・来生晃一に毎熊克哉。天堂の姉・流子に香里奈。循環器内科の医師部長・小石川六郎役で山本耕史。七瀬の同僚新人ナース役として仁志琉星に渡邊圭祐、酒井結華に吉川愛、菅野海砂に堀田真由といった若手俳優陣も出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

天堂がとなりの部屋に住んでいることがわかり有頂天となる七瀬だが、天堂が美女・流子と同居していると知り落胆、だが流子は天堂の姉だった。そして循環器内科に正式配属された七瀬は天堂の下に付くことになる。天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し罵声を浴びせられることに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.