くらし情報『大東駿介、春巻の“再現度”に「神がかってる」の声続出…「浦安鉄筋家族」4話』

2020年5月2日 10:10

大東駿介、春巻の“再現度”に「神がかってる」の声続出…「浦安鉄筋家族」4話

Photo by cinemacafe.net

大人気ギャグ漫画を佐藤二朗主演、水野美紀、岸井ゆきの、染谷将太らの出演でドラマ化した「浦安鉄筋家族」の4話が5月1日にオンエア。“しょーもない”小鉄の担任教師・春巻を演じた大東駿介の“原作再現度”の高さが話題になっている。

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中、シリーズ累計発行部数4,400万部を誇る同名原作をまさかの実写化。限りなく東京に近い千葉・浦安を舞台に“夢の国”から少し外れたところに住むパワフルでハチャメチャな大沢木家が巻き起こすエクストリーム・ホームコメディとなる本作。

大沢木家の大黒柱、大沢木大鉄役に佐藤さん。スイッチが入ると暴走が止められない妻・順子に水野さん。まともそうに見えて恋には盲目な長女・桜に岸井さん。服がすぐ脱げてしまう天然変態で桜の彼氏の花丸木に染谷さん。大沢木家の“自宅警備員”長男・晴郎に本多力。次男・小鉄に斎藤汰鷹。祖父・金鉄に坂田利夫。また小鉄のクラスの担任・春巻龍に大東さん。松井玲奈、滝藤賢一といった顔ぶれに加え、豪華ゲストがサプライズ登場する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ある日の大沢木家の食卓で不審者が盗み食い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.